« 魔界からの招待状 | メイン | 節分の豆で「豆ご飯」 »

2016年2月13日 (土)

ガレット・デ・ロワ

 

フランス人であるわたくしは、公現節にこれを食べなければ年が明けません。(ウソ)

いや、マジな話、おフランスで公現節に食べるお菓子でございます。

16021301  

切り分ける時にフェーヴのという陶器の人形が入っていれば、1年間幸福になれるといわれてます。

16021302  

注意書きもありました。

16021303  

今年は私のピースに入ってました。(*^_^*)

16021304  

王冠もこのケーキに付いていたのですが、はずかしいので被りませんでしたよ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351847/33740159

ガレット・デ・ロワを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿