« 2011年2月 | メイン | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月10日 (木)

リップレスミノー BKLM140

110310kten1_2

K-TENのリップレスミノー(BKLM140)です。

あの日の岬丸でシイラにかじられたヤツです。

(そのシイラはお持ち帰りして、バター焼きで食べました。)

110310kten2

なんということでしょう。1回かじられただけで、こんなに塗装がはげてます。

次に行く機会があっても、補修せずこのまま使います。

これと交代でキャストしたトビペンは1度もかじられませんでした。

同じブルー系でメタリックなのに・・・

リップレスミノーは「ド素人」でも使いやすいということでしょうか?

2011年3月 9日 (水)

ふんわり食パン イチゴミルク風味

110309yamazaki

ヤマザキのふんわり食パンイチゴミルク風味です。

耳までやわらかな、ふんわり食パンの春期限定バージョンです。

生地に濃縮果汁と練乳が練り込まれており、とても良い香りがして食パンってゆーより、お菓子って感じです。

そのままとトーストしたのと食べ比べましたが、そのままの方がだんぜん美味しかったです。

生クリームをはさんでイチゴをトッピングすると、なんちゃってケーキができるんじゃないかと思います。

2011年3月 8日 (火)

K-TEN BLUE OCEAN

110308kten_2

本のK-TENを読んで、タックルボックスをひっくり返したら7個のK-TENがでてきました。

それぞれに思い出があります・・・

釣れなかったという思い出の方が多いのですが。(笑)

2011年3月 7日 (月)

パタゴニア

110307patagonia

パタゴニア回収しました。

キャプリーン3ジップネックです。

「パタゴニアのパフォーマンス・ベースレイヤー製品の中でも素早い吸湿発散性を備えたキャプリーン3素材は目の詰んだハニカム構造の内側起毛面により保温性を提供。ソフトでコンパクトに収納でき、滑らかなジャージー表面によりレイヤリングもスムーズです。
リブ編みの襟ぐりを備え、サイドの縫い目はやや前側にずらしてあるので肌が擦れず快適。ヨークとラグランスリーブ、1枚布のショルダーパネルのつなぎ目はバックパックのストラップのじゃまにならない配置です。」

なんか分かんないっすけど、肌触りが良くて暖かくて気持ちいいっす。

釣りにはもってこいです!(こればっかですが・・・)

それに「抗菌・防臭」ってゆーのが、おぢさんには魅力的です。

2011年3月 6日 (日)

ヘヤドライヤー

110306pana

髪を乾かしていたら、突然音を立ててドライヤーの羽根が破壊しました。weep

修理のしようがありません。仕方がないので、新たにヘヤドライヤーを回収しました。

パナソニックのナノケア(EH-NA92)です。

前に使っていたのが、同じパナソニックのイオニティーでマイナスイオンがとても気に入っていたので、上位機ナノケアにしました。up

これで乾かすと、トリートメントしなくても髪がしっとりのサラサラになります。shineshineshine

これで潮風に吹かれてなびく髪をかき上げても大丈夫です。(何が大丈夫やねん!)coldsweats01

2011年3月 5日 (土)

海の生ハム

110305umi1

海の生ハムです。近所のスーパーマーケットで買い求めました。
「海の」って言うだけあって、素材はクロカワカジキです。
延縄漁で生きたまま捕ったクロカワカジキを、活〆・血抜き処理してるそうです。

110305umi2

開封後、15分ぐらい空気に触れさせると表面についた水分が蒸発して味がいっそう引き締まります。

何もせず、そのまま食べます・・・
ほのかにスモークされています。素材を生かすために薄塩です。
薄味なのに、魚のにおいが感じられません。

次は岩塩&胡椒を少し・・・
肴には良いのではないかと。

それにレモンをかけます・・・
引き締まって良くなりました。

オリーブオイルを投入しました・・・
最高に旨いっす!!!
これは買いです!
また食べたいです! お勧めします!

2011年3月 4日 (金)

いちごがいっぱい

110304chiroru

特選チロルの「いちごがいっぱい」です。

あまおうが4個と白いちごが3個入ってます。

あまおうはピンク色でいかにもストロベリーチョコレートといった感じがします。

白イチゴは白いイチゴ風味のチョコレートの中にちょっと濃いイチゴジャムのようなものが入ってます。

どちらも甘くて美味しいです。疲れた身体にいかがですか?

2011年3月 2日 (水)

本の「K-TEN」

110302kten

本の「K-TEN」です。

発行はSWでおなじみの岳洋社さんです。

少しずつ、少しずつ、噛みしめるように読んでます。

私は、これを読んでなぜか涙がでてきました。

感動したのか共感したのか分かりませんが涙がでてきました。

私と同じように涙が出るとは思いませんが、ぜひ読んでほしいと思います。

K-TENのルアーについては、後日書きたいと思います。

2011年3月 1日 (火)

ねぎ

110301

青ネギの根っこも、こんな植え方するとオサレっぽい?shineshineshine

伸びてきたらラーメンに入れよかな。noodle