« 2010年9月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

沿岸警備協力会

101031engan4

大阪湾沿岸警備隊長といたしましては、「沿岸警備協力会」に入会しない訳には参りません。

入会記念に素敵な携帯ストラップをいただきました。

「許すな密航!」を合い言葉に、今日もがんばります。

 

というのは、冗談です。カミさんの実家にあったものを貰いました。

2010年10月29日 (金)

古いネジワーム

101029nejiwamuタックルケースをひっくり返したら、古いパッケージのネジワームが出てきました。

以前の記事で古いパッケージはもの凄くしょぼいと言ってましたが、記憶どおりでした。

家内制手工業風の手作り感満載感が時代を感じさせます。

あと3つ残ってるので大事に使おうと思います。

2010年10月27日 (水)

eden(coffee&sweets)

101027eden阪急山田駅近くにある、edenのリンゴとクリームチーズのマフィンです。

今日は、まったりおうちカフェです。

カップケーキと同様に甘さひかえめで大人仕様となっております。

お待ちしています。

eden 吹田市山田西4-1-1-105

2010年10月26日 (火)

ISEKIのCAP

101026iseki井関農機のキャップを回収しました。

回収ってゆーか、お義父さんにもらいました。

なんでも、農業祭で耕うん機を買った際にもらったそうです。

農業従事者でない者が、入手しようとしてもなかなか難しいものです。

ちなみに「T.Japan」とはトラクターの名前ですが、トランスミッションはオートマで32段変速です。

2010年10月25日 (月)

天然うなぎの蒲焼(三方湖産)

101025unagi天然うなぎの蒲焼(三方湖産)です。

テレビで収穫数が少ないと言われている、あの天然ウナギの蒲焼きです。

香ばしく焼き上がったウナギは、外国産とは違う香りがします。(たぶん)

骨もカリッと焼き上げてタレが絡めてあり、酒のアテにもってこいです。

肝は串に刺されて焼かれており、こちらはちょっと苦くて大人の味となっていました。

2010年10月24日 (日)

ふくいごはん(ポプラ社)

101024fukuigohan_2 ふくいごはん・福井県の美味しいおこめのとも77(ポプラ社)

「これでごはんがやみつきになる」の言葉に惑わされて回収しました。

本題のごはんの話題に入っていく前に、地図入りで「福井県はここ」というページがあります。福井県の認知率が低いからといって1ページも割く必要はあるのかと。福井県を知らん人は買わへんのとちゃうやろか?

ページを進めるとそこには笑撃の内容が・・・

一番最初は「はまな味噌ご飯」です。ご飯を茶碗に盛って、はまな味噌をのせるだけです。お好みでお茶漬けでも良いとのこと。

二番目は「そばの実しずくご飯」です。ご飯を茶碗に盛って、そばの実しずくをのせるだけです。お好みでお茶漬けでも良いとのこと。

こんな内容のオンパレードです。

中でも秀逸なのは「福井梅干しとご飯」です。

ギャハハハハ、もう何も言いません。

一家に一冊!ぜひ、お買い求めください。

2010年10月23日 (土)

アオリイカ調査Ⅸ

101023aori若狭湾ボートエギングに出撃してきました。

思ったより波は無かったのですが、あちこちでボイルがおきてます。

どうやら、サゴシかシイラのようです。コイツ等が来るとアオリーがどこかへ散ってしまいます。

ジプシーのように彷徨って、海底の状態が分からない場所で釣り上げました。

今日のヒットカラーは、オレンジ、ピンク、イエローでした。シルバーは奇抜すぎてダメでした。

 

2010年10月22日 (金)

ルームシューズ(FARG&FORM)

101022sur寒い冬に備えて、ルームシューズ(FARG&FORM)を回収しました。

シューズというだけあって、足首までコッポリと入ります。

中もボア仕上げとなっており、フワフワの柔らかい感じがなんともいえません。

また、エルク(ヘラジカ)の刺繍もかわいいアクセントとなっております。

2010年10月21日 (木)

金萬

101021kinman秋田銘菓の金萬です。

お土産としていただきました。

白あんが入ったカステラの様な生地を小さな太鼓焼き風に焼いたものです。

まあ、「大丸饅頭」のようなものですわ。

でも、一般的には、「都まんじゅう」と表現すれば分かりやすいのでしょうか?

2010年10月20日 (水)

富山の海岸にクマ、釣り人が襲われ軽傷

101020kuma

富山の海岸にクマ、釣り人が襲われ軽傷

 富山市の海岸。そこには、猟友会の姿がありました。浜辺に残された大きな足跡の主は・・・。
「犬じゃないわ」(県担当者)

 クマのものと見られる足跡は、住宅街から浜辺を縦断して、波打ち際の足跡を最後に途切れています。19日午前4時半頃、現場で釣りをしていた36歳の男性が、背後からクマに襲われました。

 「気配を感じた時には、真後ろにクマがいて、そのまま海の中に倒れ込んで軽いもみ合いになった。あまりにも突然すぎて、なんで海におるんやろっていう」(クマに襲われた釣り人)

 男性は右腕に軽いけがをしました。クマは男性を襲ったあと海に逃げ込んだとみられ、“山狩り”ならぬ“海狩り”が行われました。

 県の自然保護かの担当者は、海岸でのクマ被害に・・・。
 「『朝の散歩には、(クマに) 注意しましょう』と言っていたが、『朝の釣りで、(クマに)注意しましょう』は、全然我々も考えていなかったので」(富山県の担当者)

 この海岸は、一番近い山間部までおよそ10キロ以上は離れています。クマは河川敷の林づたいに、何日もかけて山から下りてきた可能性があるといいます。今のところ、クマの行方はわかっていません。(TBSニュース)

真後ろにクマがいて・・・

怖すぎます。