« 2010年2月 | メイン | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

竹の子

200330ta 初もんの竹の子です。

1本だけですが、自分で掘ってきました。

やわらかいので、全部刺身でいただきました。

2010年3月28日 (日)

メバリング

20ov 「釣れてますかぁ?」でお馴染みの「ひつじさん」にメバリングに連れて行ってもらいました。

大きいのが出るポイントの特等席へ案内してもらい、キャストを始めました。

久しぶりのテトラの上なので、身体がうまく動きませんが、手のひらサイズがぽつぽつ釣れました。

岸近くを引いてくると、突然、ひったくるようなあたりがありました。セイゴの小さいヤツかと思い、4ポンドフロロなのでグイグイ引き寄せました。

海面から顔が見えると、こいつでした。手尺で20㎝超です。

ひつじさん、大きいの釣らせていただきありがとうございました。

2010年3月24日 (水)

ウマヅラハギ

Umazura皮をむかれる前のウマヅラハギです。

鍋でも美味しいですが、刺身でも美味しいです。

でも、残念ながら釣ったのではありません。

2010年3月22日 (月)

越前がに&三方うなぎ

100321ka 今シーズン最後になると思います。越前がにです。タグ付きです。

カミさんの実家でいただきました。自前では経済力の違いにより食べれません。

身も味噌もしっかりつまって、大変美味しゅうございました。

  

 

 

 

 

  

100321u

こちらは、三方のうなぎです。

肉厚で脂ものっており、皮の焼けたところが香ばしく、大変美味しゅうございました。

昔、独身寮で、鰻のタレだけをご飯に掛けて、「うなだれ定食」と称して喰ってる先輩がいました。

鰻がご飯に隠れているかと期待して食べても、タレだけしか掛かっていないので、うな垂れて食べるところから、そう呼んでいました。

その先輩も退職して、今は山口県で高校の教師をしています。

メバリング(初釣り)

100320me 今年、初めての釣りです。

この日は超強風で、まともに立ってられない状況でしたが、ガードレールに身を寄せながら、風が凪いだ瞬間にキャストして、やっと1匹釣りました。

写真からも分かると思いますが、極小メバルです。

「ルアーはつらいよ」この言葉が心にしみます。

La Antica Casa(時代屋)

100320asu カミさんがちょっと口を潤したいと申しましたので、敦賀のLa Antica Casa(時代屋)へ出撃しました。

 

季節もんのホワイトアスパラガスを、また注文してしまいました。

(アスパラが3本あるのは、シェフの気まぐれサービスです。) 

 

 

 

 

 

100320gu1_2この日、飲んだのはグラッパ2種類

こいつと 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100320gu2

こいつです。

名前は忘れちゃいましたが、北イタリアと中央イタリアのものらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

100320sa

帰りがけに、シェフに案内され、観せていただきました。

 

でかいです、蓋付きの盛皿です。

IWAさん、正直言ってこんなに大きいとは思いませんでした。

 

 

 

 

 

 

100320sa1

細かい 細工が美しいです。

職人さんの息づかいが聞こえそうです。

 

これで、お客さんにサーブしたらしいです。二人がかりで。(笑)

お客さんもびっくりしたと思います。

 

 

 

 

 

100320de

これは、デ・シモーネの大きな壺です。

こんな大きなものは初めて観ました。

 

これ以外に、デ・シモーネコレクションや、キリンビアマグコレクション、バカラやリヤドロなどの豚コレクション・・・

 

知らない間に、もの凄いことになっていました。

 

これからは敬意を込めて、「敦賀の秘宝館」と呼ばせていただきます。(謎)

2010年3月14日 (日)

ホワイトアスパラガス

Asupaホワイトアスパラガス(北海道産)のグリルです。
 
カミさんにグリルしてもらいました。
目玉焼きを乗っけて、オリーブオイルと白トリュフ塩をかけていただきました。
これはこれで、美味しいです。
 
それに、自宅だと安心して酔えますし・・・(笑)

タコパ

Takoruたこ焼きパーティー、略して「タコパ」です。

カミさんの実家から送られてきた、ホンモノの国内産のタコです。
 

噛み締めると、タコの美味しさがジュワッと出てきます。
 

大盤振る舞いでタコが3つ入ったものも作っちゃいました。

2010年3月 7日 (日)

La Antica Casa

Asg 3月6日は26周年の記念日という情報を入手したので、敦賀の「La Antica Casa」(旧・時代屋)へ出撃しました。

永年、美味しいイタリアンを提供していただいている右近シェフに感謝です。

今回は、イタリア産ホワイトアスパラガスが初入荷していたので、グリルとフリットをいただきました。

野菜も焼くと味が濃くなりますが、今回のホワイトアスパラガスはトウモロコシのように甘かったです。

 

 

 

Asf1 フリットは、シャキッとした歯ざわりが、フレッシュ感をより感じさせてくれました。

塩でいただくのですが、その塩がトリュフ塩でホワイトアスパラの甘さを倍増させます。

少々お高いですが、このトリュフ塩はオススメです。

 

写真は無いのですが、いつも注文する、生ハムの王様クラテッロも美味しいです。 

 

 

 

Manそして、これが 「ハンガリーの至宝、マンガリッツァ豚」です。

冗談でなく、2004年にハンガリーの国家遺産に認定されているそうです。(そんなもん、喰っていいのか?)

背ロースの部分を厚切りにした網焼きとなっております。フキノトウや菜の花も春らしさを演出しています。

旨いです。ハンガリー万歳!

そうこうしていると、IWAさんご夫妻が来られ楽しいお話をさせていただきました。

また、お会いできますよう願っております。

帰りがけに、シェフから「次は、もっと美味しい豚を仕入れるから。」って言われました。

また、出撃しなければなりません。(笑)

2010年3月 5日 (金)

菜の花(漬物)

Nanohana 菜の花を漬けました。

この季節しか食べれません。

ほろ苦さが春を感じさせます。